「酵素」について説明します。

あらゆる生命活動の主役的な役割を担う酵素について、わかり易く解説しています。
「消化」や「分解」など、多様な働きを見せていることから、最近では入浴剤や洗剤の成分にも利用されています。

酵素とは

よく、「酵素で白くする!」といった洗剤のコマーシャルなどで、一度は名前を聞いたことはあるかと思います。

酵素とは、体内で起こるいろいろな化学変化をスムーズに進行させるために、「触媒の働き」を行う特殊なタンパク質の総称で、その種類には3000種以上あるともいわれています。

ちょっと難しいですね。では、実際には、どのような働きをしているのでしょうか?

大きな意味でいうと、生命維持活動には欠かすことの出来ないものです。少し具体的にいうと、食べた物を消化・吸収をしたり、呼吸をしたり、筋肉を動かしたり、・・・と、あらゆる「行動」に対して、酵素は深く関わっています。

以下より、もう少し詳しく述べていきたいと思います。

体内にある酵素の種類と働き

一口に酵素といっても、大きく分けて「消化」と「代謝」の2種類の酵素があります。この2つに共通にしているのは、人間の体の中にある「潜在酵素」と呼ばれる酵素が原料となっていることです。

消化酵素
文字どおり、食べた物を体内で消化するときに必要な酵素です。 例えば、唾液中には「アミラーゼ」という酵素が含まれていますが、これはでんぷんを分解します。また、膵液中にある「リパーゼ」という酵素は、脂肪を分解する働きをします。 このような働きをするのが、消化酵素です。
代謝酵素
一方で、吸収された栄養成分を、体中の隅々の細胞に届けて、効果的に働く手助けを行うものを、代謝酵素といいます。
呼吸や運動、細胞分裂をしたり、ケガを治したりする働き(=新陳代謝)もみせます。

食物酵素とは?

上記で解説しているとおり、酵素は、人間の体内にも備わっていますが、そもそも人間だけでなく、すべての生物に含まれています。
食物酵素は、 食物自体に消化を助ける酵素が含まれているため、人間の体に入るとき、食物に備わってい酵素を利用して、消化を助ける働きがあります。

酵素の力をうまく利用した製品

近年、酵素の効果が特に注目を集めていることから、以下のような様々な製品に活用されるようになりました。

酵素の様々な化学反応を助ける働きをうまく利用しているようですね。

  • 洗剤
  • 歯磨き粉
  • 洗顔剤
  • 化粧品
  • 入浴剤
  • 薬品
パパイヤは野菜なの?

主な生産国である熱帯アメリカ(ブラジルやメキシコなど)や東南アジアの国々では、未熟な果実は野菜のように扱っていて、千切りにして炒めるなどして食べています。

葉っぱについても、肉を包んで蒸して利用しています。なお、葉で包んでも、青パパイヤの果汁で肉を漬け込んだ時同様に、肉をやわらかくする効果が得られるようです。
当サイトでは、簡単なレシピも紹介しているので、そちらも是非ご確認下さい。

・当サイトの利用にあたっては、パパイヤ酵素の解説のトップページにある、注意事項をよく読んでご利用下さい。

スポンサードリンク

Copyright (C) 2008 p-enzyme.com. All Rights Reserved.